オンラインvs対面の認知行動療法の効果

telemedicinemedical-technology
Photo by National Cancer Institute on Unsplash

遠隔医療に関する論文の紹介です。今回紹介するのは、身体症状症もしくは不安障害の診断のついた患者についての認知行動療法(Cognitive behavioral therapy:CBT)をオンラインで行なった場合は対面で行なった場合と比較して非劣性であるという仮説を元に行われた研究の報告です。遠隔医療に関する論文の紹介です。今回紹介するのは、身体症状症もしくは不安障害の診断のついた患者についての認知行動療法をオンラインで行なった場合は対面で行なった場合と比較して非劣性であるという仮説を元に行われた研究の報告です。研究はスウェーデンの首都ストックホルムのカロリンスカ研究所の研究員によって行われました。遠隔医療に関する論文の紹介です。今回紹介するのは、身体症状症もしくは不安障害の診断のついた患者についての認知行動療法をオンラインで行なった場合は対面で行なった場合と比較して非劣性であるという仮説を元に行われた研究の報告です。

身体症状症は以前には身体化障害や心気症等に分類されていたもので精神現象が身体症状として現れることを特徴としており、身体症状症もしくは不安障害と診断された204人の患者(平均[SD]年齢、39 [12]歳、143人の女性[70%])に対して102人(50%)がオンラインのCBTに無作為に割り付けられ、102人(50%)が対面CBTに無作為に割り付けられました。12週間に渡り試験が行われ、メインアウトカムは症状のベースラインから12週目までの変化とされ、the Health Anxiety Inventoryで評価されました。

結果としては、CBTを行なったセラピストは患者1人当たり週10分をオンラインCBT治療群で費やしていたのに対し、対面CBT群では45.6分であった。これにもかかわらず、intention-to-treat分析では、主要アウトカムに対する治療期間中の効果の推定差は0.00ポイントであり、95%信頼区間の上限は1.98であり、非劣性マージン2.25の範囲内であったため、オンラインCBTは対面CBTよりも非劣性であることがわかりました。さらに、さらなる医療経済分析では、患者1人当たりの正味の社会的コストは、オンラインCBT群が対面CBT群に比べて3584ドル低いと推定されました。

これから、オンラインのCBTは疾患を選べば対面と遜色ない治療を提供できる可能性があり、さらに経済的にも効果があると期待できます。今後、日本でもオンラインのCBTは広がっていくでしょうか?

参考文献

Axelsson E, Andersson E, Ljótsson B, Björkander D, Hedman-Lagerlöf M, Hedman-Lagerlöf E. Effect of Internet vs Face-to-Face Cognitive Behavior Therapy for Health Anxiety: A Randomized Noninferiority Clinical Trial. JAMA Psychiatry. Published online May 13, 2020. doi:10.1001/jamapsychiatry.2020.0940

Effect of Internet vs Face-to-Face Cognitive Behavior Therapy for Health Anxiety
This randomized noninferiority clinical trial examines the effect of internet-delivered vs face-to-face cognitive behavior therapy especially in light of resour...

不安症群,強迫症および関連症群,心的外傷およびストレス因関連障害群,解離症群,身体症状症および関連症群 (DSM-5を読み解く─伝統的精神病理, DSM-IV, ICD-10をふまえた新時代の精神科診断)

不安症群,強迫症および関連症群,心的外傷およびストレス因関連障害群,解離症群,身体症状症および関連症群 (DSM-5を読み解く─伝統的精神病理, DSM-IV, ICD-10をふまえた新時代の精神科診断) | 神庭重信, 三村 將 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで神庭重信, 三村 將の不安症群,強迫症および関連症群,心的外傷およびストレス因関連障害群,解離症群,身体症状症および関連症群 (DSM-5を読み解く─伝統的精神病理, DSM-IV, ICD-10をふまえた新時代の精神科診断)。アマゾンならポイント還元本が多数。神庭重信, 三村 將作品ほか、お急ぎ便対象商...

映像情報メディカル 2020年6月号「特集:遠隔診療で医療が変わる」 産業開発機構

映像情報メディカル 2020年6月号「特集:遠隔診療で医療が変わる」 | 映像情報メディカル |本 | 通販 | Amazon
Amazonで映像情報メディカルの映像情報メディカル 2020年6月号「特集:遠隔診療で医療が変わる」。アマゾンならポイント還元本が多数。映像情報メディカル作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また映像情報メディカル 2020年6月号「特集:遠隔診療で医療が変わる」もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント