COVID-19とスウェーデンに関して

swedenmedical-COVID-19

スウェーデンのCOVID-19に対する対応とその経過が話題になっていますが、そのあたりを数値を使ってみてみたいと思います。比較対象はニューヨークがロックダウンを開始した3/22と5/2です。比較対象は、スウェーデン、中国、イタリア、スペイン、アメリカ、日本です。データはCoronavirus disease (COVID-2019) situation reportsを参考にしています。

感染者数はアメリカが3/22から5/2で68倍と圧倒的ですが、これには検査の能力等も関わってくるのでこれだけではなんとも言えないです。中国では全然感染者が増加していないですね。

総死亡数はスウェーデンが129倍と圧倒的です。

当たり前ですが、総死亡数と倍率は同じです。人口100万人あたりにすることでその国の状況の悪さは理解しやすくなりますね。

5/2時点のスウェーデンは死亡率(COVID-19の死亡数/COVID-19の感染者数)はイタリアの次に高いです。さらに、スウェーデンでは死亡率は10倍と非常に高くなっています。

スウェーデンは大きな行動制限をせずに、自然免疫での感染抑制(基本再生産数を1よりも小さくしようとしている)を目指しています。スウェーデンの死亡者の割合がわかると更に色々なことがわかると思いますが、現状ではスウェーデンでは感染は進んでいることは間違いなさそうです。スウェーデンの医療の負荷量はどの程度なのかも気になります。また、COVID-19の後遺症や再感染に関してはまだはっきりしないので今後どうなっていくかをみていく必要はありそうです。

参考

World health organization Coronavirus disease (COVID-19) Pandemic
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019

The world factbook COUNTRY COMPARISON :: POPULATION
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/fields/335rank.html#IT


新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書): ベストセラーズ

新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書) | 岩田 健太郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで岩田 健太郎の新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。岩田 健太郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る (PHP新書)  PHP研究所

スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る (PHP新書)
Amazonで北岡孝義のスウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る (PHP新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント