D to P with D

D to P with D
Doctor to Patient with Doctor
患者が医師といる場合のオンライン診療

主治医が患者さんと対面で診察している場に、遠隔から他の医師が参加する形の遠隔診療

希少性が高い疾患等に係る専門医や高度の医療技術を持つ専門医が遠隔地にしかいない場合等において等の利用が想定されている

令和2年の診療報酬改定で新しく「遠隔連携診療料」が創設されて、診療報酬的な裏付けがなされた。