medical

medical-other

Hestia基準に関して

はじめに Hestia基準(Hestia criteria)は外来で肺血栓塞栓症の治療を可能という判断基準。一つでも満たせば、外来での治療はしてはいけない。2011年にオランダのW ZondagらによってJ Thromb Haemo...
medical-biotechnology

痛みを感じられる人工皮膚

はじめに 全層皮膚欠損創等に使用可能な人工皮膚に関してはすでに日本でも保険適応で使用が可能になっていますが、主な機能としては組織再生の足場と外部からの感染を防止する表面の2層構造になっていたりとどちらかというと皮膚修復を促進する為の...
medical-technology

ありそうで無かった、人工呼吸器の仕組み

はじめに 人工呼吸器はCOVID-19の流行で人工呼吸器に注目が集まっていますが、そんな人工呼吸器の仕組みで今までありそうで無かった仕組みが実験されているのでそれを紹介したいと思います。 人工呼吸器のリモートコントロール ...
medical-technology

早産予防に役立つかもしれないディバイス

はじめに 日本における周産期死亡率は世界的にみても非常に低く、諸外国と比較し、最も安全なレベルの周産期体制が提供されています。しかしながら、ここ30年で出生数は減少しているのに対して、極低出生体重児・超低出生体重児の割合は増加してい...
medical-technology

ウェアラブルデバイスを直接肌に描く

はじめに 現在様々な、ウェアラブルバイオメディカルデバイスが存在しており、様々な整体データを取得し健康管理等に使用されていますが、ここで起こってくる問題として、データの正確性とそのデータの取得の為のセンサーの人体への接触の問題があり...
medical-technology

光を当てて医療用インプラントを充電

はじめに 心臓のペースメーカーや埋め込み型除細動器、脊髄刺激装置など体内に埋め込まれて電力を消費しながら疾患の改善や予防に寄与する医療用インプラントは様々なものが作成されかつ臨床で利用されています。しかしながら、電力を消費して作用す...
medical-technology

HALに関して思うこと

はじめに HALと聞いて多くの人が、CMを行なっていることから「学校法人・専門学校HAL」を思い出す人が多いのではないでしょうか。今回紹介するのは、それではなく、CYBERDYNE株式会社の「HAL(Hybrid Assistive...
medical-other

新しい言語を学ぶことは将来ずっと簡単になる?

言語習得って難しい。。。 大人になってから新しく言語を習得しようとすると非常に苦労します。学生時代にあれだけ勉強したはずの英語もロクに使えないですし、大学の第二外国語なんてまった覚えていません。でも、英語が使いこなせたらなというのは...
medical-technology

妊婦の為の在宅リモート超音波検査

リモート超音波 今まで、リモート超音波に関する紹介を2つしてきましたが、それらはどちらかというと医師と医師を繋ぐといったものでしたが、今回は在宅で妊娠している方が自分で超音波検査を行うのをサポートするといったものです。 過去の...
medical-technology

視覚障害の為のARゴーグル:eSight 4 に関して

はじめに 現在、視力障害の改善にはメガネやコンタクトレンズを使用することが多いと思います。また、LASIKを行う人もいるかもしれません。そんな視力障害のある人に対する視力を向上させる電子ディバスを今日は紹介したいと思います。 ...