脂肪細胞が肥満をますます悪化させる可能性

fatmedical-other
Photo by Valentin Petkov on Unsplash

米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターとシンシナティ大学医学部からI型インターフェロン(IFN typeⅠ)は脂肪細胞固有の炎症反応にも関係するとの報告がNature Communicationsにありました。

I型インターフェロンは免疫応答を引き起こすサイトカインとして知られています。今まではI型インターフェロンの主な誘導経路としてはウイルス感染が知られていて、マクロファージ、好中球、樹状細胞から分泌され、免疫反応を引き起こし、感染防御に大きな役割を果たしてることが知られていました。今回の論文ではマウスの実験でI型インターフェロンが脂肪細胞固有の免疫反応を惹起させること(脂肪細胞が免疫細胞様の振る舞いをする)、肥満に関連する代謝異常を悪化させることが示されました。

注)インターフェロンはI型、Ⅱ型、Ⅲ型の3つに分類される。さらに、I型インターフェロンはヒトで発見されていない物を含めて9つ以上に分類される。(IFN-α、IFN-β、IFN-ε、IFN-κ、IFN-ω、IFN-υ等)

肥満は公衆衛生上の大きな問題であり、肥満の悪化のメカニズムの一部がわかったかもしれません。今後の研究によってはこの負のサイクルを打ち破る薬剤が出てくるかもしれませんね。

Type I IFN/IFNAR axis is a regulator of adipocyte-intrinsic inflammatory potential.
Type I interferon sensing unlocks dormant adipocyte inflammatory potential

参照

Chan, C.C., Damen, M.S.M.A., Moreno-Fernandez, M.E. et al. Type I interferon sensing unlocks dormant adipocyte inflammatory potential. Nat Commun11, 2745 (2020). https://doi.org/10.1038/s41467-020-16571-4

Type I interferon sensing unlocks dormant adipocyte inflammatory potential - Nature Communications
White adipose inflammation can occur in obesity and is at least in part mediated by inflammatory immune cells. Here the authors show that the Type I Interferon/...

参考リンク

John F. Foley. Interfering with interferons. Science Signaling 16 Feb 2016: Vol. 9, Issue 415, pp. ec30 DOI: 10.1126/scisignal.aaf4271

免疫学 インターフェロンを妨げる | Science Signaling Japan by COSMO BIO
免疫学 インターフェロンを妨げる に関する情報をご覧いただけます。

僕の人生を変えた「肥満外来」ってこんなトコ ¥480

僕の人生を変えた「肥満外来」ってこんなトコ
Amazon.co.jp: 僕の人生を変えた「肥満外来」ってこんなトコ eBook : 佐野基生: 本

脂肪と言う名の服を着て-完全版 (文春文庫) 文藝春秋

脂肪と言う名の服を着て 完全版
Amazonで安野 モヨコの脂肪と言う名の服を着て 完全版。アマゾンならポイント還元本が多数。安野 モヨコ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また脂肪と言う名の服を着て 完全版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント