FDAがFreestyle Libre 2 Advanced Wearable Glucometerを承認:小児への使用も

sugarmedical-technology
Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

日本でも2017年9月1日にFreeStyleリブレが保険承認されましたが、その後継機がアメリカ食品医薬品局(FDA)で承認されました。その承認の中でも大きなニュースは4歳以上の糖尿病患者の使用が認められたことです。今までは小児に対する使用は認めらていなかったので大きな変化と言えます。

今までのものは15分に1回の記録でしたが、FreeStyle Libre 2は、1分おきに血糖値を読み取ることができ、1つの使い捨てセンサーパッチは2週間連続して機能します。センサーが設定範囲外の数値を検出すると、リーダーに信号を送ってアラームを作動させ、患者または介護者が適切な措置を講じてグルコースを範囲内に戻すことができます。

持続グルコースモニタリング(CGM)テクノロジーの出現は、この10年間で外来糖尿病治療に革命をもたらしたとされており、その機能向上と小児へのアメリカでの適応拡大はさらに大きな福音をもたらすことなると思われます。

また、特に1型糖尿病の患者さんでは持続グルコースモニタリングによって生活が管理しやすくなるという研究結果も出ており、特に低血糖の影響を大きく受ける高齢者で優位に低血糖を防ぐことができたと示されています。

1型糖尿病の60歳以上の成人203人を対象とした無作為化臨床試験で持続グルコースモニタリングした群は70mg/dl以下の血糖値の時間は約39分に低下を認めた。対照群は1日あたり約73分。

参考

Pratley RE, Kanapka LG, Rickels MR, et al. Effect of Continuous Glucose Monitoring on Hypoglycemia in Older Adults With Type 1 Diabetes: A Randomized Clinical Trial. JAMA. 2020;323(23):2397–2406. doi:10.1001/jama.2020.6928

Effect of Continuous Glucose Monitoring on Hypoglycemia in Older Adults With Type 1 Diabetes
This randomized clinical trial compares the effect of continuous glucose monitoring vs standard blood glucose monitoring on percentage of time spent with hypogl...

日本ではまだ、承認されていないので手に入れることはできませんが、日本でもFreeStyle Libre 2が早く承認されるといいですね。そして、今後日本でも持続グルコースモニタリングがもっと普及するといいですね。

FreeStyle Libre 2: The Next Generation of Diabetes Care is Here

Introducing the FreeStyle Libre 2 system

Continuous Glucose Monitoring System
Check your blood glucose without fingersticks using the FreeStyle Libre System, a continuous glucose monitoring system that includes a sensor and reader.

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre  Abbott

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre
わかりやすいグラフ表示 90日間のグルコース値データを保存できます 専用電極を用いて血糖値および血中ケトン体値の測定ができます FreeStyleリブレは、自己血糖測定間の血糖値トレンドを推定するためのものです。 詳細については、添付文書をご覧ください。 承認番号 22800BZX00212000 別売「フリースタイ...

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre  Abbott

警告:医療従事者向けコンテンツ

コメント